Supership 17.04.10

Supership Award 2016を開催しました!

TAGS :
  • イベント
  • インナーコミュニケーション

3月30日、Supership Award 2016を開催いたしました。
「Supership Award」とは、社員の活躍を評価し、その栄誉を称える全社で最も権威のある賞として、2016年度からスタートした全社表彰制度で、今回はその記念すべき第一回目となりました。

今回のSupership Award 2016では、MVT(Most Valuable Team)とMVP(Most Valuable Player)の2つの賞を設定。初開催ということで事務局としては内心ドキドキしていましたが、最終的に自薦・他薦問わずMVT40件、MVP18件、合計58件の応募が集まりました!

MVT/MVPの発表と授賞式、全社懇親会を兼ねた当日のイベントは、弊社代表取締役社長森岡の挨拶からスタート。2016年度の事業の振り返りや業績の状況、それを支えた全メンバーへの労い、そして2017年度へ向けた決意を一通り語ったのち、MVT/MVPの発表に移りました。

司会から紹介を受けた、MVT/MVPの最終候補者は緊張した面持ちで登壇。各案件の取組み内容が一通り説明された後、スポットライトとドラムロールの演出と共にプレゼンターも兼ねた社長の森岡から、MVT/MVPが発表されました。

MVT:ツール導入による業務環境改善 尾中 克行/小俣 由香莉/牧野 武志
MVP:電通との協業推進 野本 遼平

左から、MVP受賞者:野本、代表取締役社長森岡、MVT受賞者:尾中、牧野、小俣

MVT/MVPに輝いた2つはもちろんのこと、最終候補に残った案件も含め全てが2017年度以降もSupershipの成長に欠かせない取り組みになる案件でした。

続いて、表彰式の余韻を残しながら第二部の懇親会へ。
代表取締役副社長大朝の乾杯の挨拶からスタートです。

また懇親会の途中で、各取締役からも2016年度の振り返り、2017年度のこと、そして全メンバーへの感謝などのスピーチがありました。

左から、山崎取締役、古川取締役、濱田取締役

懇親会では、部署を越え交流をはかり、美味しい食事と共に楽しんでいる様子をたくさん見ることができました。

そして最後はもちろん、全員集合の記念撮影です!

2016年度は、おつかれさまでした。Supershipは、2017年度もメンバー一同、チャレンジしていきます。

 

  • Goolgeplus
  • はてな