プレスリリース

SupershipのSSP「Ad Generation」、Seller Defined Audiences(SDA)への対応・導入サポートによりメディアマネタイズ支援を強化〜1st Party Data × キャリアデータ活用でポストCookie時代をリード〜

Supership株式会社(以下、Supership)のパブリッシャー向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation(以下、アドジェネ)」は、3rd Party Cookie(サードパーティクッキー)の代替技術の一つであるSeller Defined Audiences(以下、SDA)への対応と、パブリッシャーに対する技術・営業両面でのサポートを開始いたしました。

◾️背景
2024年1月より、Google Chrome における3rd Party Cookieの段階的な無効化が開始され、いよいよポストCookie時代の幕開けを迎えています。
パブリッシャーや広告主は、プライバシーに配慮しながら広告配信を維持するためのアプローチが急務となっています。
これに先駆け、Supershipではプライバシーに配慮した高精度なターゲティングを実現するために、キャリアデータを活用した独自の広告配信ID「Hyper ID」の開発をはじめとする様々な取り組みを進めてまいりました。
この度のSeller Defined Audiences(SDA)への対応は、この取り組みをさらに加速するものです。

◾️SDAについて
SDAは「Seller Defined Audiences(セラー・ディファインド・オーディエンス)」の略称で、IAB Tech Labが提唱する3rd Party Cookieの代替技術の一つです。
パブリッシャーが自社のWebサイトやアプリを通じて収集したデータを基に、特定のオーディエンスや消費者グループを定義し、ユーザーデータを外部と共有することなくターゲティング可能なオーディエンスセグメントを作成することで、高単価での販売を実現する戦略を指します。
Cookieレスの環境においても、1st Party Data(ファーストパーティデータ)を効率的かつ安全に活用することで、ターゲットにマッチした広告をユーザーに届けることができ、パブリッシャーの広告在庫の価値を最大限に高めることができます。

◾️アドジェネがSDAに対応することで実現できること

Ad Generation_SDA概要
アドジェネにおけるSDAの取り組み概要

SDAに対応したアドジェネでは、パブリッシャー側でのみ把握可能なユーザーの閲覧情報や属性情報を含む広告リクエストを受け入れます。その上で、国内最大規模の通信事業者の会員基盤に基づき発行される「Hyper ID」を介し「確定データ」やその他共通IDによる属性情報を付与することで、パブリッシャーからの広告リクエストの価値を最大限に高めた上で、ユーザーを特定しない形でDSPへ入札リクエストを送信します。これにより、DSPは従来のリクエストよりも詳細な属性情報を含む入札リクエストに対して効果的な買い付けを行うことが可能となります。

◾️アドジェネのSDA導入サポートについて
SDAに対応した広告配信をするためには、パブリッシャー側で閲覧情報や属性情報を広告リクエストに含めるための事前設定が必要となります。
そこで、アドジェネが誇る国内最大規模のアドプラットフォームの開発力と提供実績をもって、パブリッシャーに対するテクニカルアドバイザリーに対応いたします。
また、SDAによる広告配信を開始した後も、パブリッシャーに対し入札を最適化するための運用サポートや、独自のオーディエンスに基づく広告メニューの開発、営業活動など、ポストCookie時代のマネタイズパートナーとして総合的なバックアップを行ってまいります。

<支援内容>

  • テクニカルアドバイザリー
  • 収益最大化に向けた運用、コンサルティング支援(入札最適化に向けたターゲティングセグメントの改善提案など)
  • 独自オーディエンスターゲティングメニュー提案と販売

◾️ご利用方法
アドジェネをすでにご利用のパブリッシャーは、SDA対応にあたって新たな契約は不要です。
サポート窓口(adg-info@supership.jp)までお問い合わせください。

アドジェネは、最新のアドテクノロジーを駆使し、パブリッシャーの収益最大化とプライバシーに配慮した安心・安全なデジタル広告市場の発展に貢献してまいります。

■Ad Generationについて https://supership.jp/business/adgeneration/
「Ad Generation(アドジェネ)」は、楽しく、自由につかえるパブリッシャー向けアドプラットフォームです。国内外の主要な広告配信事業者とのパートナーシップにより、広告の自動最適化配信や収益レポートの一元管理を行うことで、広告収益最大化と広告運用コスト削減を支援します。
“制約なくご利用いただけるアドサーバー”という設計思想に基づき、パブリッシャーのニーズに合わせた自由度の高い広告配信設計が可能なうえ、ヘッダービディングへの対応など、最新のアドテクノロジーとサービスにより国内大手パブリッシャーを中心にスマートフォンアプリ/ウェブにおける最大規模の導入シェアを誇ります。

■「Hyper ID」について
「Hyper ID」は、Supershipホールディングスが資本業務提携契約を締結する英国のテクノロジー企業であるNovatiq Limited(本社:英国 ウェールズ、CEO:Jonathan Hulford-Funnell、以下Novatiq)の特許技術を基に構築した、新たな広告配信用IDです。
本IDは、ユーザーが通信事業者の回線を利用してWebサイトやアプリを利用するごとに一時的にランダムに発行されるため、同じ広告配信用IDがユーザーの端末に保存されることなく、Webサイトやアプリを横断して行動履歴が追跡・収集されることはありません。
通信事業者の回線を活用したポストCookie時代における新たな広告配信ソリューションとして、海外では先んじて普及が進んでいるもので、SupershipではNovatiqからこの特許技術のアジア地域における独占的な利用が認められています。

【Supership株式会社について】 https://supership.jp/
Supership株式会社は、正確なデータと国内屈指の広告配信技術を基にした企業のデジタルマーケティングを支援する「マーケティングテクノロジー事業」と、Supershipのデータとデータ活用技術で企業が持つデータや顧客接点の価値最大化を支援する「データイネーブラー事業」を展開するデータテクノロジーカンパニーです。
データとテクノロジーの力で世の中の解像度をあげ、新たな価値をパートナーとともに共創していきます。

事業内容:デジタルトランスフォーメーション事業(マーケティングテクノロジー事業、データイネーブラー事業)
所在地 :東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー27階
代表者:代表取締役社長CEO 大朝 毅

PAGETOP