Supershipの「ScaleOut DSP」、 Twitter社のモバイルアドエクスチェンジ「MoPub」とRTB接続開始

 KDDIのグループ会社であるSupership株式会社(以下、Supership)は、同社の提供する「ScaleOut DSP(注1)」において、Twitter社が提供するモバイルアドエクスチェンジ「MoPub」と新たにRTB(注2)接続を開始いたしました。

「ScaleOut(スケールアウト)DSP」は、独自データを活用した高精度なターゲティング配信や媒体開示型の詳細なレポーティング機能によって、より効果的、効率的な広告運用を多様な広告フォーマットにて可能にする広告主向け配信プラットフォームです。

この度の接続により、「ScaleOut DSP」は「MoPub」の保有する世界最大規模の優良なモバイルアプリ広告枠へのRTB形式のバナー、インフィード、インタースティシャル広告枠の買付けが可能となり、広告枠在庫を大きく拡充いたしました。
静止画広告だけでなく、よりユーザーの印象に残りやすい動画広告の配信にも対応しております。

「ScaleOut DSP」をご利用いただいている広告主は、Supershipが保有する極めて高い精度の年齢・性別・興味関心などのセグメントデータを活用したターゲティング配信や、独自のDMP機能により広告主が保有するサイト訪問データや会員情報などの1st Party Dataとの掛け合わせによる既存顧客へのアプローチなど、マーケティング施策に応じた効率的で的確な広告配信が可能となります。

Supershipは、今後も「ScaleOut DSP」において広告配信在庫の拡大を加速させるとともに、正確なデータに基づいた最適な広告コミュニケーションにより広告主のデジタルマーケティング活動を支援していきます。

注1: DSP(Demand-Side Platform)
複数広告枠の配信最適化と効果検証などの一元管理により、広告主の広告効果を最大化するプラットフォーム。

注2: RTB(Real Time Bidding)
広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定するインターネット広告の入札方式。

【ScaleOut DSPについて】http://www.scaleout.jp/scaleout-ad-platform/dsp/
「ScaleOut(スケールアウト)DSP」は、独自データを活用した高精度なターゲティング配信や媒体開示型の詳細なレポーティング機能によって、より効果的、効率的な広告運用を多様な広告フォーマットにて可能にする広告主向け配信プラットフォームです。不適切な枠からのリクエストや広告効果が見込めないフィラーを定期的に排除するモニタリング機能や、コンピュータのボットプログラムによる不正広告の検知機能によるアドフラウド対策に積極的に取り組むことで、高度なブランドコミュニケーションにご利用頂けるサービスを提供しています。

【Supership株式会社について】 https://supership.jp/
当社は、「すべてが相互につながる『よりよい世界』を実現する」という理念のもと、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業等の事業基盤を活かした新たな価値の提供を目指すKDDIのグループ会社です。今後、スマートフォン最大規模の顧客接点とデータ利活用により、お客さまのご期待に応える新たなサービスを提供していきます。

事業内容:インターネットサービス事業、広告事業、プラットフォーム事業、その他
所在地:東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
代表取締役社長:森岡康一

<本件に関する報道機関からの問い合わせ先>
Supership株式会社 広報室 高橋・佐々木
E-mail:pr*supership.jp (* を @ に直してください)