お知らせ

クッキーレス、フェイクニュース、リスク対策、広告健全化… アドテクノロジー企業が考えるこれからのインターネット広告

Momentumウェビナー 

クッキーレス、フェイクニュース、リスク対策、広告健全化…
アドテクノロジー企業が考えるこれからのインターネット広告

純広告からメール広告、初期のコンテキストターゲティング、RTB以後のプログラマティック広告から、動画をはじめとした広告フォーマットの多様化など、これまでインターネット広告は様々な進化を遂げてきました。
現在も変化の真っ只中にいます。ユーザーの個人情報保護を目的としたクッキーレス、人々の分断を生むフェイクニュースや広告詐欺などのリスク対策の問題、過剰にコンプレックスを煽る広告の規制など…。
そして今後、インターネット広告を含めたデジタルマーケティングの潮流はどう変わっていくのでしょうか?
広告主及び広告代理店は、今まで通りのマーケティング手法で良いのでしょうか?
本セミナーを通じて、このような問題についてある程度見通しを提示できればと考えております。

TOPIC

・いち早くアドベリに取り組んだSMN。その理由は?
・クッキーレス、IDFAなど、「人」のターゲティングが廃止されていくその先は?
・改正薬機法施行など、広告健全化の流れについて
・動画配信サイト、コネクテッドTV、音声広告…新しい広告フォーマットの出現
・フェイクニュースへはどう対応する?
・広告主はどうやってプラットフォームを選ぶべきか?
※変更になる可能性があります。

2022.01.18 Tue 12:00-13:00

講師プロフィール
メインスピーカー
谷本 秀吉(SMN株式会社・ネクスジェンデジタル株式会社)

アドテクノロジー事業執行役員(SMN株式会社)・代表取締役社長(ネクスジェンデジタル株式会社)

1998年、総合広告会社にてマスメディアとインターネット広告のメディアプランニングに従事した後、2002年インターネット広告専業のGMO NIKKO(旧 日広)に移り、GMOインターネットグループ在籍時は、GMOアドパートナーズ(JASDAQ上場)取締役や、GMO NIKKO常務取締役など、グループの広告セグメント領域の複数社の役員を歴任。2017年、ソニーグループであり東証一部上場会社のSMN(旧 ソネット・メディア・ネットワークス)に入社し、アドテクノロジー事業の執行役員に就任(現任)。2019年より、SMN子会社のデジタル戦略エージェンシー ネクス ジェンデジタルを設立し、代表取締役に就任。

谷本 秀吉(SMN株式会社・ネクスジェンデジタル株式会社)

共同スピーカー
柳谷 俊輔(Momentum株式会社)

Chief Evangelist

楽天株式会社でキャリアをスタートし、エンジニアからアナリストへの異動を経て開発視点での社内コンサルティングに従事。2012年にcomScore Japan株式会社に入社。ワールドワイドなデータ提供プレイヤーという立ち位置からB2Bビジネスを内資、外資問わず担当するとともに、アドベリフィケーションの日本国内での啓蒙活動に従事。
2018年4月より現職。

柳谷 俊輔(Momentum株式会社)



PAGETOP