ムービー

【動画&資料ダウンロード】Supership 機械学習事例セッション with Databricks Japan様

Supershipグループは「Supership Day」と題して、6月9日(火)〜6月11日(木)の3日間、計6テーマのウェビナーを開催しました。

フォームに入力いただけるとアーカイブ動画を閲覧可能になります。またアンケートにお答えいただけると資料もダウンロード可能です。

Supership 機械学習事例セッション with Databricks Japan様

Supershipではデータの高度活用をテーマに、機械学習やデータサイエンティストによるデータ分析業務を通して、顧客やパートナーの皆様の売上拡大やコスト削減への貢献を目指した取り組みを行っております。 この取り組み推進にあたり、データサイエンスや機械学習プラットフォームにおけるグローバルリーダーである”Databricks社”とのパートナーシップを重視しており、今回は2社によるユースケースをご案内いたします。

講師プロフィール

Kenny Takeuchi 竹内賢佑(Databricks Japan株式会社)

ゲスト
Kenny Takeuchi 竹内賢佑(Databricks Japan株式会社)

2002年アメリカン大学卒業、2012年マサチューセッツ大学アマースト校にてMBA取得。Adobeでのアライアンス及びエンタープライズセールスチーム統括を経て、2017年にはSalesforce.comにてコマースクラウド事業部執行役員に就任し、立ち上げから指揮を取るなど主にDXの分野でビジネスを牽引。
2020年5月より、Databricks Japan株式会社社長に着任。。

稲田 暁人(Supership株式会社)

稲田 暁人(Supership株式会社)

データソリューション事業領域データソリューション室長
グリー株式会社にてパートナーアライアンス業務に従事後、AWS Japanに参画し、主にウェブ業界やゲーム業界向けにクラウドサービスの普及に注力。その後、2015年にSupership株式会社にジョイン。データビジネス事業の立ち上げから携わり、Supershipが強みとする良質なデータと顧客・パートナーが保有するデータ統合を通じた価値創出をテーマに、多様なビジネスに従事。



PAGETOP